HOME > 小さなアイテム > 雑貨 > シルバーハンドル スカロップデスクセット

シルバーハンドル スカロップデスクセット

-NEW-

品名 シルバーハンドル スカロップデスクセット
品番 1208-069
Age 1850年代
Country 英国
在庫数 1セット
価格 税込33,000円
本体30,000円
備考 材:スターリングシルバー、ガラス、金属
ルーペサイズ:長さ約15.5cm レンズ部分直径約5cm
レターオープナーサイズ:長さ約20.5cm
ルーペ重量:43g
レターオープナー重量:30g

商品説明

 

英国アンティーク、スターリングシルバーのハンドルをもつデスクセット。
格別に美しく古いデスクセットのご紹介です。
端部には豊穣の象徴、ホタテ貝のレリーフが緻密な表現で施されています。
付け根部分にはふっくらとしたアカンサスの葉つけられており、周囲を廻る細線にもポイントでアカンサスの葉が施されています。
全体としてクラシカルで、英国ならではの控えめかつ格調高い意匠にまとめられています。
ホールマークは非常に薄くなっており判別しづらいのですが、シェフィールドの王冠、スターリングシルバーを表すライオンパサントは判別可能です。
そしてライオンパサントの隣に楕円形の「Duty Mark」がみられます。この「Duty Mark」はシェフィールドにおいては1891年以降は付けられることがありませんでした。
(1952年と1953年は除く)
また、メーカーズマークはおそらく「T S」で、これは1808年創業の「Thomas Sansom」のものと思われます。
シルバースミスとしてナイフやペンなどの小物を中心に取り扱い、ウィリアム四世のロイヤルワラントまで受けたシルバースミス。
Thomas Sansomの活動は1850年代頃までですので、おそらくこのデスクセットのハンドルは1850年代より前のものと推測いたします。
なお、このようなルーペやペーパーナイフは、レンズや刃部分の消耗が激しいため、取り換えながら使われていることが多くございます。
今回ご紹介しているお品物も、レンズと刃部分は後年に付け替えられたものと思われます。
その分、ハンドル以外に傷はほとんどなく、十分実用にお使いいただけるものと思います。
アーリーヴィクトリアンからの歴史と豊穣の象徴をもつ、銀のデスクセット。
それを使いこなす時間は、貴方の暮らしに深い彩りを添えてくれるのではないでしょうか。
英国アンティークの確かな佳品を是非お手元でご鑑賞ください。

英国アンティーク、スターリングシルバーのハンドルをもつデスクセット。

 

 

格別に美しく古いデスクセットのご紹介です。

端部には豊穣の象徴、ホタテ貝のレリーフが緻密な表現で施されています。付け根部分にはふっくらとしたアカンサスの葉つけられており、周囲を廻る細線にもポイントでアカンサスの葉が施されています。全体としてクラシカルで、英国ならではの控えめかつ格調高い意匠にまとめられています。

 

ホールマークは非常に薄くなっており判別しづらいのですが、シェフィールドの王冠、スターリングシルバーを表すライオンパサントは判別可能です。そしてライオンパサントの隣に楕円形の「Duty Mark」がみられます。この「Duty Mark」はシェフィールドにおいては1891年以降は付けられることがありませんでした。(1952年と1953年は除く)

 

また、メーカーズマークはおそらく「T S」で、これは1808年創業の「Thomas Sansom」のものと思われます。シルバースミスとしてナイフやペンなどの小物を中心に取り扱い、ウィリアム四世のロイヤルワラントまで受けたシルバースミス。Thomas Sansomの活動は1850年代頃までですので、おそらくこのデスクセットのハンドルは1850年代より前のものと推測いたします。

 

 

なお、このようなルーペやペーパーナイフは、レンズや刃部分の消耗が激しいため、取り換えながら使われていることが多くございます。今回ご紹介しているお品物も、レンズと刃部分は後年に付け替えられたものと思われます。その分、ハンドル以外に傷はほとんどなく、十分実用にお使いいただけるものと思います。

 

アーリーヴィクトリアンからの歴史と豊穣の象徴をもつ、銀のデスクセット。それを使いこなす時間は、貴方の暮らしに深い彩りを添えてくれるのではないでしょうか。

 

英国アンティークの確かな佳品を是非お手元でご鑑賞ください。

 

*ご注文前に必ず「ご注文方法」ページをご一読ください。

 

*このデスクセットはパンカーダ・ブリッサにもアップされています。ブリッサのショップからはそのままクレジットカード決済が可能です。ブリッサのみでご紹介しているお品物もございますので、よろしければご覧ください。パンカーダブリッサへはこちらからどうぞ。