HOME > チェア > アームチェア > マホガニーリヴォルビングアームチェア

マホガニーリヴォルビングアームチェア

売約済

品名 マホガニーリヴォルビングアームチェア
品番 9139-011
材質 マホガニー材
Age 1880年代
Country 英国
64cm
奥行き 66cm
高さ 82.5cm
備考 座面までの高さ:44-45cm

商品説明

 

マホガニーの木目が見事な、リヴォルビングアームチェア。
リヴォルビングアームチェアとは、回転式の肘掛け椅子のこと。
アメリカ第三代大統領トーマスジェファーソンのために、
英国のウィンザーチェアを改造して製作されたものが始まりといわれるリヴォルビングチェア。
18世紀に新大陸で考案された回転椅子は、その当時の人の行き来につれて英国にも持ち込まれ、
19世紀のヴィクトリア時代には同じ機能性をもついろいろなデザインのチェアが製作されました。
このリヴォルビングアームチェアの最大の特徴は、柔らかなフォルムと座面のマホガニーから溢れだすリボン杢。
執務する人の身体を最大限にサポートするために、マホガニーは三次曲面に削りだされ、まるで柔らかなクッションのよう。
サロンチェアを思わせるカブリオレ・レッグにカーヴド・ストレッチャーは、無骨になりがちなリヴォルビングチェアを優美な印象に見せることに成功しています。
そして特筆すべきは、座面のリボン杢。
リボン杢とは材の取り方が柾目の時に現れる、縞状のリボンのような杢目のこと。吸い込まれそうな立体感のあるリボン杢は、銘木の証でもあります。
ゆったりとしたサイズ感は、体格の良い男性でもしっかりと受け止めてくれそう。
使い込むほどに艶を増す最高級のマホガニーとともに、時を重ねてみるのはいかがでしょうか。

マホガニーの木目が見事な、リヴォルビングアームチェア。

 

リヴォルビングアームチェアとは、回転式の肘掛け椅子のこと。アメリカ第三代大統領トーマスジェファーソンのために、英国のウィンザーチェアを改造して製作されたものが始まりといわれるリヴォルビングチェア。18世紀に新大陸で考案された回転椅子は、その当時の人の行き来につれて英国にも持ち込まれ、19世紀のヴィクトリア時代には同じ機能性をもついろいろなデザインのチェアが製作されました。

このリヴォルビングアームチェアの最大の特徴は、柔らかなフォルムと座面のマホガニーから溢れだすリボン杢。執務する人の身体を最大限にサポートするために、マホガニーは三次曲面に削りだされ、まるで柔らかなクッションのよう。

サロンチェアを思わせるカブリオレ・レッグにカーヴド・ストレッチャーは、無骨になりがちなリヴォルビングチェアを優美な印象に見せることに成功しています。

 

そして特筆すべきは、座面のリボン杢。

 

リボン杢とは材の取り方が柾目の時に現れる、縞状のリボンのような杢目のこと。吸い込まれそうな立体感のあるリボン杢は、銘木の証でもあります。

 

ゆったりとしたサイズ感は、体格の良い男性でもしっかりと受け止めてくれそう。

使い込むほどに艶を増す最高級のマホガニーとともに、時を重ねてみるのはいかがでしょうか。

 

リヴォルビングチェアに関しては、スタッフブログにて詳しくご紹介しております。こちらからご覧ください。

 

 

おすすめ商品

おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品