東京都U様 ファイアースクリーン

 

都内、一戸建てにお住まいのU様。
今回はファイヤースクリーン 納品の様子をご紹介させていただきます。
階段を上った2階の廊下、コーナー部分に置いていただきました。
もちろん、折り畳み式のファイヤースクリーンはそのコーナーにぴったり。
このようなスペースは日頃見落としがちですが、実はお誂えむきのディスプレイコーナーです。
後日、U様から「アートフラワーのフレームを合わせてみました。」
という画像をいただきました。
フレームはくすんだゴールドのイーゼルに立てかけられ、ファイヤースクリーンをバックに、更に印象深い空間に。
これからも季節やご家族のイベントなど、機会がある度に美しく演出していただけることでしょう。
実はU様はお茶をたしなまれ、今回納品のスクリーンは椅子でのお茶席に活用できないか、ご検討中だそうです。
そう、折り畳んで気軽に持ち運べるのも、このファイヤースクリーンの魅力。
ディスプレイとしての演出はもちろん、見事な発想の転換でファイヤースクリーンを屏風として
実用的にとらえてみる、U様の感性の豊かさに驚くばかりでした・・・。
その感性を是非今後とも、私共にご教授いただければ、と思います。
本当に有難うございました。