HOME こだわりで選ぶ > 稀有品 > ミラーバックサイドボード

ミラーバックサイドボード

品名 ミラーバックサイドボード
品番 9133-070
材質 マホガニー材
Age 1880年代
Country 英国
157cm
奥行き 65cm
高さ 211.5cm
在庫数 1
備考 詳細はお問い合わせください。
天板までの高さ95cm

商品説明

 

最高級マホガニーの圧倒的な存在感と、優美なフォルムが魅力的なミラーバックサイドボード。
頭頂部にはギリシア神殿由来のペディメント。
三連のミラーはリズミカルなアーチで形作られ、中央のミラーには可愛らしい花とスクロール・ツリガネ草のカッティングが施されています。
左右の飾り台には凝った挽き物の支柱が配され、それらがミラーに写りこんだ様はまるで神殿の屋根を支える列柱のよう。
カーヴィングは流れるような意匠でつくりこまれたアカンサスと、フラワーモチーフが囲うカルトゥーシュ。どれもが美しく、なおかつ素晴らしい材でつくりこまれています。
1880年代は英国繁栄の象徴であるヴィクトリア時代の爛熟期。世界中から手に入れることのできる最高の材を惜しげもなく使い、さらに130年を超える時を超えてきたマホガニーは、なんともいえない優しく魅惑的な輝きで見る人の心をとらえます。
特筆すべきは思わず目を凝らしたくなるような引手。小さなアカンサス、フラワーモチーフ、スクロールにロカイユ。
ヴィクトリア時代に好まれた様々なモチーフがぎっしりつまった珠玉の引手が、大きなサイドボードの中できらりと光るエッセンスとなり、全体を芳しく仕上げています。
ミッドヴィクトリアンの粋を集めたかのような、ミラーバックサイドボード。
ひとつ置くことでその場の雰囲気を最高のものに仕上げてくれる、アンティーク家具の主役です。

最高級マホガニーの圧倒的な存在感と、優美なフォルムが魅力的なミラーバックサイドボード。

 

頭頂部にはギリシア神殿由来のペディメント。三連のミラーはリズミカルなアーチで形作られ、中央のミラーには可愛らしい花とスクロール・ツリガネ草のカッティングが施されています。左右の飾り台には凝った挽き物の支柱が配され、それらがミラーに写りこんだ様はまるで神殿の屋根を支える列柱のよう。

カーヴィングは流れるような意匠でつくりこまれたアカンサスと、フラワーモチーフが囲うカルトゥーシュ。どれもが美しく、なおかつ素晴らしい材でつくりこまれています。

1880年代は英国繁栄の象徴であるヴィクトリア時代の爛熟期。世界中から手に入れることのできる最高の材を惜しげもなく使い、さらに130年を超える時を超えてきたマホガニーは、なんともいえない優しく魅惑的な輝きで見る人の心をとらえます。

 

特筆すべきは思わず目を凝らしたくなるような引手。小さなアカンサス、フラワーモチーフ、スクロールにロカイユ。ヴィクトリア時代に好まれた様々なモチーフがぎっしりつまった珠玉の引手が、大きなサイドボードの中できらりと光るエッセンスとなり、全体を芳しく仕上げています。

 

ミッドヴィクトリアンの粋を集めたかのような、ミラーバックサイドボード。

ひとつ置くことでその場の雰囲気を最高のものに仕上げてくれる、アンティーク家具の主役です。

 

おすすめ商品

おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品