HOME こだわりで選ぶ > 推定製造年代 > 1900年代〜1910年代 > 全てを見る > マホガニーサイドキャビネット

マホガニーサイドキャビネット

売約済

品名 マホガニーサイドキャビネット
品番 9139-012
材質 マホガニー材
Age 1900年代
Country 英国
103cm
奥行き 28.5cm
高さ 110cm

商品説明

 

凝った意匠とコンパクトなサイズが特徴のマホガニーサイドキャビネット。
最高級素材であるマホガニーの黄金色の輝きを堪能できる、美しい木目の天板。
正面トップには繊細なフレット(Fret:繰り返すオーナメント的な飾り)。
花びらをモチーフにしたと思われるリズミカルな連続パターンは、このキャビネットをよりエレガントに見せています。
ガラス扉の木枠も緩やかな曲線が用いられ、全体に大きな花が咲いたよう。
足元は写実的なボウル&クロウ。
18世紀英国の偉大な家具デザイナー、トーマス・チッペンデールがよく用いた力強いこの意匠は、中国の龍をもとにしたものとも言われています。
棚板は可動式。
飾るものに合わせて移動でき、背の高いものは棚板を外せば十分に置くことができます。
奥行は30cmもなく、壁にぴったりとおけば、かさばらずに雰囲気ある空間が現れます。
高さは110cmと、カウンターなどより少しだけ高め。上に置いたものや壁に掛ける絵などがちょうど目線の高さになり、いろいろなディスプレイが愉しめます。
リビングやダイニングだけでもなく、廊下や玄関に置いてギャラリーのような演出はいかがでしょう。

凝った意匠とコンパクトなサイズが特徴のマホガニーサイドキャビネット。

 

最高級素材であるマホガニーの黄金色の輝きを堪能できる、美しい木目の天板。正面トップには繊細なフレット(Fret:繰り返すオーナメント的な飾り)。花びらをモチーフにしたと思われるリズミカルな連続パターンは、このキャビネットをよりエレガントに見せています。

 

ガラス扉の木枠も緩やかな曲線が用いられ、全体に大きな花が咲いたよう。カブリオレ・レッグの足元は写実的なボウル&クロウ。18世紀英国の偉大な家具デザイナー、トーマス・チッペンデールがよく用いた力強いこの意匠は、中国の龍をもとにしたものとも言われています。

 

棚板は可動式。飾るものに合わせて移動でき、背の高いものは棚板を外せば十分に置くことができます。奥行は30cmもなく、壁にぴったりとおけば、かさばらずに雰囲気ある空間が現れます。高さは110cmと、カウンターなどより少しだけ高め。上に置いたものや壁に掛ける絵などがちょうど目線の高さになり、いろいろなディスプレイが愉しめます。

 

リビングやダイニングだけでもなく、廊下や玄関に置いてギャラリーのような演出はいかがでしょう。

 

おすすめ商品

おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品