HOME > 新商品 > ミッドヴィクトリアン カメオバックセティ

ミッドヴィクトリアン カメオバックセティ

-NEW-

品名 ミッドヴィクトリアン カメオバックセティ
品番 9139-028
材質 ウォールナット材
Age 1870年代
Country 英国
173cm
奥行き 92.5cm
高さ 96.5cm
在庫数 1
備考 座面までの高さ:47cm
詳細はお問い合わせください。

商品説明

高貴なる紫を纏い優雅に佇む、ミッドヴィクトリアンカメオバックセティ。

 

悠々と身を預ける貴婦人にこの上ない優美と満ち足りた贅沢を授けたセティ。遥かミッドヴィクトリアンから届いた逸品は、次の主にもまた、限りなく優雅な癒しのひとときを与えることでしょう。

 

      Mujeres by Eduardo Leon Garrido (Spanish, 1856-1949)

 

カメオバックとは背もたれのフレームがカメオのように楕円形をしたデザインのこと。左右対称のデザインが流行したルイ16世様式やシェラトン様式にみられます。象徴的な印象を与えるデザインと、包み込むように体を受け止める贅沢な心地は、そこに座る者をさぞかし魅了したことでしょう。

 

そんなカメオバックにカーヴィングを施し、優雅なヴィクトリアン様式にまとめ上げたこのセティ。圧倒的に美しいフォルムバランスは、どの角度から見てもその端麗な姿を崩すことはありません。対のスプーンバックは絶妙なラインを描きながら中央のカメオバックへと流れ、抜け感のあるデザインは、壮麗ながら軽やかな姿をみせています。

 

150年もの歳月をかけて趣を重ねたウォールナットは、しっとりと手に馴染むきめ細やかな木肌となりました。時間によってつくりだされた濃厚なキャンディ・カラーは、心に沁みこむ古艶を湛えています。

 

トップレイルには熟練の技により葉の端のスクロールまで表現されたカーヴィングが施され、あまりのしなやかさに思わず触れてみたくなるほどです。躍動するようにカーヴがかかったアカンサスはアームそのものとなっています。手をかければ熟成したウォールナットの質感が全身に伝わるよう。エッグのモチーフを据えたカブリオレ・レッグに曲線の美しさの極みが体現されています。

 

金糸で織り出された紫のファブリックは繊細なパターンが広がる高級ベルベッドジャガード。ボダン留めされた背は奥行きをつくり、その光沢に典雅な雰囲気が漂います。滑らかな肌触りとゆったりとした座り心地は優雅と贅沢を約束してくれることでしょう。

 

Interiors of the Mansion of Baron A. L. Stieglitz by Luigi Premazzi (Italian, 1814-1891)

 

悠久のヴィクトリアンより美と悦びを与えてきたセティが貴方を待っています。