HOME > テーブル > ローテーブル > インレイド サーベルレッグ ネストテーブル

インレイド サーベルレッグ ネストテーブル

-NEW-

品名 インレイド サーベルレッグ ネストテーブル
品番 1178-316
材質 マホガニー材
Age 1920年代
Country 英国
56cm
奥行き 38cm
高さ 71.5cm
在庫数 1
価格 320,000円+税
備考 表示サイズは一番大きなテーブル(Lサイズ)の最大寸法です。Mサイズ:幅51奥行34.2高さ69.8cm Sサイズ:幅45.8奥行30.3高さ68.3cm 3点で1セットのお品物です。

商品説明

流麗なシルエットが気品溢れるクラシカルな空間を演出する、インレイドサーベルレッグネストテーブル。

 

華奢でありながら剣のようにすっと伸びるサーベルレッグは優美と気品を感じさせます。たっぷりと艶を湛えたマホガニーの天板は贅沢そのもの。見るたびに心は悦びに満ちてゆくことでしょう。

 

Victorian style Living room

 

サーベルレッグ/saber legはその名の通り、剣のようなカーヴが特徴の脚のデザインです。古くは古代ギリシャのクリスモスという婦人用チェアにサーベル状の脚をみることができます。18世紀末から19世紀初頭にかけて古典様式のリバイバルで流行し、英国のトーマス・シェラトンも自身の家具にサーベルレッグのデザインを残しています。特にエジプトやギリシャの装飾を取り入れたアンピール様式やその影響を受けたリージェンシー様式において、流麗ながら力強さも感じさせるそのデザインは好まれ多用されました。

 

The Fortune Teller by Charles Haigh Wood(1856-1927,British)

 

このネストテーブルは一般的なものより背が高く、長く伸びるサーベルレッグの美しさが最大限に引き出されています。一見ほっそりと繊細にみえますが、芯のある強さも感じる気品に満ちた佇まいです。マホガニーのたゆたう杢目と高級感溢れる艶を湛えた天板には、見飽きることのない贅沢な眺めが広がります。さりげなく施された2種類の線象嵌は、凛とした美しさを際立たせ、より格調高く仕上げています。

 

エドワーディアンの頃に特に人気を博したネストテーブルは、三つあることで様々なコーディネートを愉しむことができます。飾りテーブルとしてはもちろん、読書の時はランプを置くテーブルとティーカップを置くテーブルに、来客の時にはゲストそれぞれにグラスをサーブして。歴史あるアンティークのデザインを身近になものにしてくれる逸品です。

おすすめ商品

おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品