HOME > 雑貨 > ヴィクトリアン トビー・ジャグ

ヴィクトリアン トビー・ジャグ

-NEW-

品名 ヴィクトリアン トビー・ジャグ
品番 9151-113
Age 1870年代
Country 英国
4.8cm
奥行き 6cm
高さ 10cm
在庫数 1セット
価格 18,000円+税
備考 3個で1セットの販売です。
表示サイズは1番大きな物の寸法です。

商品説明

 

ヴィクトリア時代に作られたと思われるトビー・ジャグ。
トビー・ジャグの由来はなんと18世紀に遡ります。
もともとはビール(もしくはエール)ジャグで、座って飲む男性の姿をかたどっており、三折り帽とフロックコート、パイプとなみなみとビールが入ったマグをもっている・・・というのが、お定まりのスタイル。
名前の由来は諸説あります。
かつて2000ガロン(1ガロン約4.5リットルとすると9000リットル!!?)ものエールを飲み干したといわれるToby Fillpotをモデルとしたというもの。
このToby Fillpotは、1761年発表のイングランドの酔歌「The Brown Jug」にも歌われています。
また、シェークスピアの12夜/Twelfth Nightにでてくる大酒のみのサー・トビー・ベルチ/Sir Toby Belchからの名前、という説もございます。
どちらにしても、大酒のみのご仁をモデルにしたことは間違いないと思われます。
もともとはビールを飲むジョッキだったらしいのですが、実用と言うよりは装飾的なものであるため、
小さなものも作られるようになり、ミルクピッチャーや、ディスプレイ用のセットなどへと広がっていきました。
このトビージャグは、とても小さな三人組。
きちんと足を揃えて座り、ほっぺたは薔薇色。
そっとマグをもっておりますが、パイプは遠慮しております。
小さくて内部は洗いづらいので、ディスプレイや、花瓶としてのご使用がおすすめです。
掌に乗るほどの小さなトビー・ジャグ。
貴方のコレクションにぜひ、加えてみてはいかがでしょうか。

ヴィクトリア時代に作られたと思われるトビー・ジャグ。

 

トビー・ジャグの由来はなんと18世紀に遡ります。もともとはビール(もしくはエール)ジャグで、座って飲む男性の姿をかたどっており、三折り帽とフロックコート、パイプとなみなみとビールが入ったマグをもっている・・・というのが、お定まりのスタイル。

 

名前の由来は諸説あります。

 

かつて2000ガロン(1ガロン約4.5リットルとすると9000リットル!!?)ものエールを飲み干したといわれるToby Fillpotをモデルとしたというもの。このToby Fillpotは、1761年発表のイングランドの酔歌「The Brown Jug」にも歌われています。

 

また、シェークスピアの12夜/Twelfth Nightにでてくる大酒のみのサー・トビー・ベルチ/Sir Toby Belchからの名前、という説もございます。

 

どちらにしても、大酒のみのご仁をモデルにしたことは間違いないと思われます。

 

もともとはビールを飲むジョッキだったらしいのですが、実用と言うよりは装飾的なものであるため、小さなものも作られるようになり、ミルクピッチャーや、ディスプレイ用のセットなどへと広がっていきました。

 

このトビージャグは、とても小さな三人組。

 

きちんと足を揃えて座り、ほっぺたは薔薇色。そっとマグをもっておりますが、パイプは遠慮しております。小さくて内部は洗いづらいので、ディスプレイや、花瓶としてのご使用がおすすめです。

 

 

掌に乗るほどの小さなトビー・ジャグ。

貴方のコレクションにぜひ、加えてみてはいかがでしょうか。