HOME > 雑貨 > クレステッドチャイナ・ミニチュアアームチェア

クレステッドチャイナ・ミニチュアアームチェア

-NEW-

品名 クレステッドチャイナ・ミニチュアアームチェア
品番 9165-113
Age 1920年代
Country 陶器
5cm
奥行き 5cm
高さ 9cm
在庫数 1
価格 12,000円+税

商品説明

 

Crested China/クレステッド・チャイナとは、街や場所の紋章がついている小さな陶器のこと。主にヴィクトリア時代後期から1930年代頃までに多く作られました。
 
ヴィクトリア時代、英国では鉄道網が発達し、一般庶民でも旅行を楽しむことができるようになりました。そして、旅行に行った先で欲しくなるものは、お土産。
沢山の物を飾り付けるヴィクトリアンの室内装飾において、お土産の小物はまさにうってつけのアイテムだったことでしょう。ただ、庶民が旅行に行けるようになった、といっても、まだまだいけない人は沢山いたでしょうから、行った先が一目でわかるようなものであれば、家に来たゲストにさりげなく自慢ができるというもの。
 
 
そんな理由から、小さくて持ち運びが容易、そしてご当地の紋章が描かれているクレステッドチャイナは、たいへんな流行となりました。
この小さな肘掛け椅子もそのうちのひとつ。
 
座面には「ROYAL MILITARY COLLAGE CAMBERLY」の紋章が、背には「THE OLD ARM CHAIR」というタイトルの詩が数行記されています。
実はこのような肘掛け椅子のクレステッド・チャイナはあちこちで作られていて、背にこの「THE OLD ARM CHAIR」の詩が記されているのは、
ひとつのスタイルとなっていたようです。
「THE OLD ARM CHAIR」の作者はイングランドの女流詩人Eliza Cook/エリザ・クック(1818 -1889)。
詩はもっと長いものですが、冒頭の数行だけが使われており、内容としては肘掛け椅子にからめて母親の思い出を綴った詩となっています。
英国人にとっては、古い肘掛け椅子といえば思い出される定番の詩なのかもしれません。
飾る時思わず微笑を誘う、そんなミニチュア・アンティーク・アイテムです。

Crested China/クレステッド・チャイナとは、街や場所の紋章がついている小さな陶器のこと。主にヴィクトリア時代後期から1930年代頃までに多く作られました。

ヴィクトリア時代、英国では鉄道網が発達し、一般庶民でも旅行を楽しむことができるようになりました。そして、旅行に行った先で欲しくなるものは、お土産。沢山の物を飾り付けるヴィクトリアンの室内装飾において、お土産の小物はまさにうってつけのアイテムだったことでしょう。ただ、庶民が旅行に行けるようになった、といっても、まだまだいけない人は沢山いたでしょうから、行った先が一目でわかるようなものであれば、家に来たゲストにさりげなく自慢ができるというもの。

そんな理由から、小さくて持ち運びが容易、そしてご当地の紋章が描かれているクレステッドチャイナは、たいへんな流行となりました。

 

この小さな肘掛け椅子もそのうちのひとつ。座面には「ROYAL MILITARY COLLAGE CAMBERLY」の紋章が、背には「THE OLD ARM CHAIR」というタイトルの詩が数行記されています。

 

実はこのような肘掛け椅子のクレステッド・チャイナはあちこちで作られていて、背にこの「THE OLD ARM CHAIR」の詩が記されているのは、ひとつのスタイルとなっていたようです。

 

「THE OLD ARM CHAIR」の作者はイングランドの女流詩人Eliza Cook/エリザ・クック(1818 -1889)。詩はもっと長いものですが、冒頭の数行だけが使われており、内容としては肘掛け椅子にからめて母親の思い出を綴った詩となっています。英国人にとっては、古い肘掛け椅子といえば思い出される定番の詩なのかもしれません。

 

飾る時思わず微笑を誘う、そんなミニチュア・アンティーク・アイテムです。