HOME > ソファ > ヴィクトリアンスプーンバックシェーズロング

ヴィクトリアンスプーンバックシェーズロング

品名 ヴィクトリアンスプーンバックシェーズロング
品番 9139-057
材質 ウォールナット材
Age 1860年代
Country 英国
167cm
奥行き 94cm
高さ 86cm
在庫数 1
価格 825,000円+税
備考 座面までの高さ:38cm

商品説明

貴婦人が優雅に寛ぐ姿そのままの、気品あふれるシェーズ・ロング。

貴婦人が優雅に寛ぐ姿そのままの、気品あふれるシェーズ・ロング。
シェーズ・ロング/chaise longueとは、フランス語で「長椅子」のこと。
ソファの一種で、背もたれに対して座面が非常に長く、
脚や体全体をも休ませることができるようなものを指します。
このようなスタイルはエジプト文明からみられ、後に古代ギリシア、古代ローマ時代へと受け継がれてきました。
今の形に近いものになったのは、18世紀フランスにおいて宮廷や屋敷の使われ方が成熟し、貴婦人が休息をとるための家具として
作られるようになってからだといわれています。
正式な場というよりは、少し寛ぐ場所にゆったりとおかれることが多かったシェーズロングは、その用途からして贅沢な家具でした。
使われる材も選りすぐりのものが惜しげもなく使われ、意匠的にもオーナーの好みを反映した様々なバリエーションがみられます。
このシェーズ・ロングの見所は、流れるような曲線が連なる背もたれと、その端部に在るピアスドカーヴィング(透かし彫り)です。
一番高い背もたれは、包み込むようなフォルムと長楕円を描くスプーン・バック。
そこから一気に下った先には、小さな折り返しのスクロールがあり、その先の背もたれへとつながっています。
そして最後にくるりと囲むのは、美しいアカンサスの透かし彫り。木材は森の至宝と呼ばれるウォールナットです。
最高の材が生み出す古艶と、優雅なストーリー性のあるフォルムは見飽きることがありません。
恐らく、ヴィクトリア時代の貴婦人の特注品であったことでしょう。
足元はニー(膝)に生命力の象徴、エッグ(卵)をモチーフにしたレリーフが施されたカブリオレ・レッグです。
巧みにアカンサスやスクロールと組み合わされたエッグは、スプーンバックのトップレイルやボトムレイルにも見られ、
このシェーズ・ロング全体を神聖なる生命力で満たしているかのようです。
ファブリックはベーシックなベージュカラーのベルベット。
主張しすぎないクオリティの高いファブリックだからこそ、シルエットの美しさを一番に堪能していただけます。
かつて、この美しい椅子と暮らした貴婦人は、どんな日々を過ごしたのでしょうか。
珠玉の逸品シェーズ・ロングは、遙かなヴィクトリアンの英国への想いと共に、優美な寛ぎのひとときを与えてくれます。

 

シェーズ・ロング/chaise longueとは、フランス語で「長椅子」のこと。ソファの一種で、背もたれに対して座面が非常に長く、脚や体全体をも休ませることができるようなものを指します。このようなスタイルはエジプト文明からみられ、後に古代ギリシア、古代ローマ時代へと受け継がれてきました。今の形に近いものになったのは、18世紀フランスにおいて宮廷や屋敷の使われ方が成熟し、貴婦人が休息をとるための家具として作られるようになってからだといわれています。

 

Madame Boucher/by François Boucher/1743

 

正式な場というよりは、少し寛ぐ場所にゆったりとおかれることが多かったシェーズロングは、その用途からして贅沢な家具でした。使われる材も選りすぐりのものが惜しげもなく使われ、意匠的にもオーナーの好みを反映した様々なバリエーションがみられます。

 

このシェーズ・ロングの見所は、流れるような曲線が連なる背もたれと、その端部に在るピアスドカーヴィング(透かし彫り)です。一番高い背もたれは、包み込むようなフォルムと長楕円を描くスプーン・バック。そこから一気に下った先には、小さな折り返しのスクロールがあり、その先の小さな背もたれへとつながっています。有機的な曲線を描いてきたトップレイルが最後にくるりと囲むのは、美しいアカンサスの透かし彫り。木材は森の至宝と呼ばれるウォールナットです。最高の材が生み出す古艶と、優雅なストーリー性のあるフォルムは見飽きることがありません。恐らく、ヴィクトリア時代の貴婦人の特注品であったことでしょう。

 

足元はニー(膝)に生命力の象徴、エッグ(卵)をモチーフにしたレリーフが施されたカブリオレ・レッグです。巧みにアカンサスやスクロールと組み合わされたエッグは、スプーンバックのトップレイルやボトムレイルにも見られ、このシェーズ・ロング全体を神聖なる生命力で満たしているかのようです。

 

ファブリックはベーシックなベージュカラーのベルベット。主張しすぎないクオリティの高いファブリックだからこそ、シルエットの美しさを一番に堪能していただけます。

 

かつて、この美しい椅子と暮らした貴婦人は、どんな日々を過ごしたのでしょうか。珠玉の逸品シェーズ・ロングは、遙かなヴィクトリアンの英国への想いと共に、優美な寛ぎのひとときを与えてくれます。

 

シェーズ・ロングの歴史についてスタッフブログにて詳細をご説明しております。こちらからご覧ください。