HOME > デスク/ビューロー > ウィリアム四世 チューリップショルダーデスク

ウィリアム四世 チューリップショルダーデスク

-NEW- お取り置き中

品名 ウィリアム四世 チューリップショルダーデスク
品番 9165-022
材質 マホガニー材
Age 1830年代
Country 英国
122cm
奥行き 56.5cm
高さ 84.5cm
在庫数 1
価格 588,000円+税
備考 天板までの高さ:76.5cm

商品説明

180年の時をこえて届いたアンティークの神髄ウィリアム四世チューリップショルダーデスク。

 

このデスクがつくられた19世紀初頭、英国はウィリアム四世によって治められていました。ヴィクトリア女王の叔父にあたるウィリアム四世はそれまでの王とは違い、華美を好まず、市中へ出かけ市民と気さくに接したといわれます。わずか7年という短い治世でしたが、海軍に従事していた経歴から「船乗り王」の愛称で親しまれていました。

兄である前王ジョージ四世の時代に流行したリージェンシー様式と後のヴィクトリア様式に挟まれたこの時代は、期間も短いことから大きな流行が生まれることはありませんでした。しかし機械化による量産が始まる前、チッペンデール様式から続く家具職人の技術の円熟を迎えたこの時期、つくり出される家具は真に匠の技を極めたものであったといえるのではないでしょうか。

 

        William IV (1765-1837)

 

このデスクは、気取らないウィリアム四世の人柄を思わせるような、質と実用性を重視した堅実な逸品です。過剰な装飾はなく、あるのは潜在する素材の美しさと気品。天板は輝く無垢のマホガニーで、赤い黄金の名を体現するように褐色の煌めきを放ちます。使い込まれた古艶や小さな傷のひとつひとつに歴史が詰まっていることでしょう。抽斗の前板やサイドの幕板に至るまで、マホガニーの表情豊かな木目を眺めることが出来ます。抽斗には丁寧にターニングされたハンドルが揃い、なめらかな丸みがしっくりと手に馴染みます。また、脚はチューリップを逆さにしたモチーフといわれるデザインでさりげなく飾られ、簡素ながらアクセントを加えています。

 

The Drawing Room, National Trust

 

広い天板と使い勝手の良い浅めの抽斗はサイドテーブルとしてもお使い頂けます。コンソールテーブルのように照明や植物を飾るのもおすすめです。

 

180年という長きに渡って後世に残る家具は決して数多くはないでしょう。

これまであまたの主人に仕えてきたデスク。200年を迎える時は是非、貴方のもとで。

おすすめ商品

おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品