HOME > チェスト > ボウフロントトールボーイ

ボウフロントトールボーイ

売約済

品名 ボウフロントトールボーイ
品番 9133-122
材質 マホガニー材
Age 1940年代
Country 英国
58.5cm
奥行き 39cm
高さ 130.6cm

商品説明

柔らかな弧を描くボウフロント、そして黄金色のマホガニーが印象的なトールボーイ。

 

トールボーイ(tallboy)とはハイボーイ(highboy)とも呼ばれ、主としてベッドルームで使用される木で出来た背の高い収納家具のこと。抽斗で構成されたチェスト状のものが多く見られ、2棹が重なったようなチェストオンチェスト(chest on chest)もしくはダブルチェスト(double chest)と呼ばれることもあります。

このトールボーイが制作されたのは1940年頃。17世紀の寝室でみられたベッドステップのついた高い寝台は既に姿を消し、ベッドの高さも現代と同じくらいでした。そのため、その頃のトールボーイはだいぶこぶりとなり、ベッドステップに登らないと手が届かないようなトールボーイは過去のものとなっていたようです。

 

スタイルはその時代に合わせてつくられていても、このトールボーイにはとても良いマホガニー材が使用されています。美しい光沢と黄金色の杢目。前板のボウフロント部分の化粧張りは杢目が連続して見えるように工夫され、側面のリボン杢も見る方向によって表情が変わる深みのある光沢をはなっています。

 

高さ約130cmは大人の方であれば、一番上の抽斗の奥まで十分目が届き、使い勝手は抜群。

 

美しさと収納力を兼ね備えた、実用的なトールボーイは、ベッドルームにも、そしてリビングにもお勧めのひと品です。

 

*トールボーイについてはスタッフブログにて詳細をご紹介しております。こちらからご覧ください。

 

 

おすすめ商品

おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品