HOME > チェア > すべてのチェア > カーヴドヴァイン バーリーツイスト ホールチェア

カーヴドヴァイン バーリーツイスト ホールチェア

品名 カーヴドヴァイン バーリーツイスト ホールチェア
品番 9151-013
材質 オーク材
Age 1870年代
Country 英国
45cm
奥行き 47cm
高さ 115cm
在庫数 2
価格 128,000円+税
備考 価格は1脚あたりの金額です。1脚づつの販売です。座面までの高さ:45.5cm

商品説明

存在感溢れるカーヴィングと、オーク材の質感が素晴らしいホールチェア。

 

ホールチェアとは、文字通り玄関ホールなどに置かれるチェアのこと。現在のようにきちんと舗装された道路ばかりではなかった時代、外からの帰宅は貴賤を問わず、ほこりや泥にまみれていたことがよくありました。玄関ホールに置かれるチェアは、その家の顔ではありますが、同時にそのほこりに耐えるような品物が好まれました。

A Meeting by the Stile by Heywood Hardy1842-1933

そのため、座面は木で、なおかつちょっとなにか置いておくにも便利なように、平面であることがホールチェアのお約束でありました。お屋敷の入り口としての顔であるため、こったデザインであり、上質なものが好まれたことは言うまでもありません。このホールチェアにも、そのような機能美と、屋敷を護る品格がしっかりと備わっています。

 

支柱は伝統のモチーフ、バーリーシュガーツイスト。くるくるとねじれる柱は、きちんと左右対称に整えられ、バック中央のカーヴィングをより引き立ててくれるようです。立体感溢れるバックの透かし彫りは、豊穣を意味する葡萄の葉がモチーフ。絡みあうスクロールの曲線に巧みに組み込まれた繁栄の象徴は、その家の豊かな未来を願いつつ、彫り込まれたものであったことでしょう。使われている木は英国伝統の材、オーク。硬く、ずっしりと重い丈夫な木は、遙か昔から人々の暮らしを支えてきた大切な存在でした。過去にはラテン語で「美しい樹木」と讃えられ、現在でもとても人気の高い材。

 

小さめのテーブルや、ホールテーブルを中心に左右対称にレイアウトすれば、カントリーハウスの玄関ホールそのままに、重厚感溢れる空間が演出できます。

Hallway interior

130年余の時に磨かれて、深みを増した美しい樹木の古艶と、迫力ある造形美をお愉しみください。

おすすめ商品

おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品