HOME > チェア > アームチェア > ボビンレッグアームチェア

ボビンレッグアームチェア

品名 ボビンレッグアームチェア
品番 9165-003a
材質 オーク材
Age 1900年代
Country 英国
57.5cm
奥行き 53cm
高さ 111.5cm
在庫数 2
価格 68,000円+税
備考 座面までの高さ:48cm
表示価格は1脚あたりの金額です。

商品説明

緩やかなボビンレッグとゆったりとした肘掛けが心地よいアームチェア。

 

堅くしっかりとしたオーク材は古くから家具に用いられ、長年使い込むことによりアンティークとして独特の風合いを増します。特にアーム部分にはその美しい木目と艶が現れ、その歴史を物語っています。また、背もたれにはビーズ&リールのカーヴィングが施され、可愛らしさもうかがえます。背もたれの両サイドと前脚にはボビンレッグといわれるデザインで仕上げられています。ボビンレッグは英国で17世紀頃から見られる意匠で糸巻き(ボビン)に由来するといわれ、より丸みを帯びた球体に近いものや、間に薄い円を挟んだものなど様々です。
緩やかなボビンレッグとゆったりとした肘掛けが心地よいアームチェア。
堅くしっかりとしたオーク材は古くから家具に用いられ、長年使い込むことによりアンティークとして独特の風合いを増します。
特にアーム部分にはその美しい木目と艶が現れ、その歴史を物語っています。
また、背もたれにはビーズ&リールのカーヴィングが施され、可愛らしさもうかがえます。
背もたれの両サイドと前脚にはボビンレッグといわれるデザインで仕上げられています。
ボビンレッグは英国で17世紀頃から見られる意匠で糸巻き(ボビン)に由来するといわれ、
より丸みを帯びた球体に近いものや、間に薄い円を挟んだものなど様々です。
アームチェアは古代エジプトの時代から王座として存在し、
16世紀末頃まで椅子とはアーム付きのものと認識されたいたようです。
肘掛けまでの高さは68cmほどです。かつての主もこのアームチェアでテーブルを囲んでいたかも知れません。
デスクに合わせ読書をしたり、サイドテーブルに合わせお茶を楽しむなど、お気に入りの空間を演出してくれることでしょう。緩やかなボビンレッグとゆったりとした肘掛けが心地よいアームチェア。堅くしっかりとしたオーク材は古くから家具に用いられ、長年使い込むことによりアンティークとして独特の風合いを増します。特にアーム部分にはその美しい木目と艶が現れ、その歴史を物語っています。また、背もたれにはビーズ&リールのカーヴィングが施され、可愛らしさもうかがえます。背もたれの両サイドと前脚にはボビンレッグといわれるデザインで仕上げられています。ボビンレッグは英国で17世紀頃から見られる意匠で糸巻き(ボビン)に由来するといわれ、より丸みを帯びた球体に近いものや、間に薄い円を挟んだものなど様々です。

Napping by Georges Croegaert 1848-1923

 

アームチェアは古代エジプトの時代から王座として存在し、16世紀末頃まで椅子とはアーム付きのものと認識されたいたようです。

 

肘掛けまでの高さは68cmほどです。画像のようなテーブルの天板下なら収めることができます。

かつての主もこのアームチェアでテーブルを囲んでいたかも知れません。デスクに合わせ読書をしたり、サイドテーブルに合わせお茶を楽しむなど、お気に入りの空間を演出してくれることでしょう。

 

おすすめ商品

おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品