HOME > チェア > ダイニングチェア/サロンチェア > レイトヴィクトリアン バルーンバック サロンチェア

レイトヴィクトリアン バルーンバック サロンチェア

品名 レイトヴィクトリアン バルーンバック サロンチェア
品番 1196-041
材質 ウォールナット材
Age 1890年代
Country 英国
46cm
奥行き 52.5cm
高さ 98.5cm
在庫数 4
価格 98,000円+税
備考 座面までの高さ:46cm
価格は1脚あたりの金額です。

商品説明

大英帝国の優雅なドローイングルームを再現する、レイトヴィクトリアンバルーンバックサロンチェア。

 

ヴィクトリア女王が統治した大英帝国繁栄の時、華麗なドローイングルームをつくりあげていたチェアは、現代においても不変の美しさをみせています。誰もが憧れるヴィクトリアンルームを鮮やかに蘇らせる、優雅なチェアをご覧ください。

 

バルーンバックチェアとは、背もたれの輪郭がバルーン/気球のような形をしたチェアのこと。ヴィクトリアンを代表するデザインで、体に沿って優雅なカーヴを描く背は、カーヴィングが施されたものからフォルムの美しさを強調したものなど様々です。ヴィクトリア女王ゆかりのオズボーンハウスにも美しい曲線を描くバルーンバックのチェアをみることができます。

      Au coin de feu,1878 by Auguste Toulmouche (French,1829-1890)

 

オーバル型のバルーンバックは均衡のとれた美しい曲線を描き、たおやかでありながら凛とした印象を与えます。トップにはふっくらとした蕾を思わせる花が可憐に流れてゆきます。オーバルの下部には丁寧に彫られたスクロールが据えられ、控え目なカーヴィングが端正なシルエットをより際立たせています。

しなやかなカブリオレ・レッグがなんとも優雅に、少し高さをつけた脚先が品の良い立ち姿にみせています。レッグの縁に沿って施された溝彫りがカブリオレの曲線美を強調し、全体の印象を引き締める効果を果たしているようです。

 

ファブリックは贅沢なベルベットジャガード織り。ヨーロッパ伝統のダマスク柄は優雅なヴィクトリアンの雰囲気に相応しい華やかさを演出してくれます。角度によって様々に変化する表情豊かなファブリックは、いつまでも変わらぬ美しさを与えてくれることでしょう。

 

The Ladies Drawing Room

 

思いのほか背に馴染むバルーンバックはダイニングチェアとしても心地よく、飴色のウォールナットは日々使うことでさらに輝きを増していきます。

 

英国ヴィクトリアンの歴史を今に伝えるチェア。ともに過ごす喜びはどれほどのものか、どうぞご体感ください。

 

 

*ご注文前に必ず「ご注文方法」ページをご一読ください。

おすすめ商品

おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品