HOME > チェア > ダイニングチェア/サロンチェア > ミッドヴィクトリアン カーヴド サロンチェア

ミッドヴィクトリアン カーヴド サロンチェア

-NEW-

品名 ミッドヴィクトリアン カーヴド サロンチェア
品番 1178-222
材質 ローズウッド材
Age 1870年代
Country 英国
46.5cm
奥行き 57cm
高さ 97cm
在庫数 2
備考 座面までの高さ:48cm
詳細はお問い合わせください。

商品説明

芳しさ漂う花々のカーヴィングが優美な、ミッドヴィクトリアンカーヴドサロンチェア。

 

咲きこぼれる花たちが見事に彫りだされたチェアは、まるでひとつの芸術作品のように完璧ともいえる完成度を誇ります。アイリスをモチーフにしたファブリックを優雅に広げ、そこに座る者へ限りない悦びを与えることでしょう。高貴なヴィクトリアンサロンが鮮やかに蘇る、最上級の逸品をご覧ください。

 

Spring Flowers by Julius LeBlanc Stewart (1855-1919)

 

新鮮な切り口からは薔薇の香りがするといわれるローズウッドは、緻密で堅牢な希少材。蝋を含んだ木肌は磨くほどに艶を増し、滑らかな光沢を輝かせます。表情豊かな花々のカーヴィングは、手に取れそうなほど存在感のある仕上がりです。2脚を比べると花のデザインがそれぞれ違うことに気づきます。贅沢な遊び心が隠された愛らしいチェアはサロンの主役だったことでしょう。

 

座面はアイリスのモチーフを織り出した最高級のベルベットジャガード。百合の花とならびフランスの国花でもあるアイリスは「知恵、信頼、騎士道精神」を表しているといわれ、王家の象徴として愛されてきました。そんなアイリスをアカンサスが囲むように舞い、ひとつの座面の中に高貴かつ優美な世界をつくりあげています。

 

The Drawing Room at Foots Cray Place

 

これまで多くの人々を虜にしてきたサロンチェア。最高のファブリックを纏った今、珠玉という言葉に相応しい存在となりました。

 

ゆったりと身を預け、芳香に酔いしれる甘美なひとときをご体感ください。

おすすめ商品

おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品