HOME > チェア > ダイニングチェア/サロンチェア > ピアスドカーヴド ヴィクトリアン サロンチェア 

ピアスドカーヴド ヴィクトリアン サロンチェア 

-NEW-

品名 ピアスドカーヴド ヴィクトリアン サロンチェア 
品番 9133-131b
材質 マホガニー材
Age 1890年代
Country 英国
45cm
奥行き 48cm
高さ 96.5cm
在庫数 4
価格 185,000円+税
備考 座面までの高さ:48cm
表示価格は1脚あたりの金額です。

商品説明

芸術品のようなチェアが優雅なサロンを演出する、ピアスドカーヴドヴィクトリアンサロンチェア。

 

ピアスドカーヴィングのPiercedは貫かれたという意味で、家具の装飾では透かし細工のことをいいます。糸鋸などを使って模様を切り抜たものに鑿でCarving(彫刻)を施すこの装飾には、高度な技術と多くの時間を要します。それを惜しまずして初めて、芸術作品ともいえる最高の家具が完成すると言えるでしょう。

 

このチェアも、熟練した職人が惜しみない手間をかけて製作したであろう、美しいピアスドカーヴィングで仕上げられています。トップのリズミカルなCスクロールからウエストにかけてしなりを効かせた優雅なフォルムは、気品と華やかさに溢れています。中央にはレースの文様を意匠に進化させたと思われる格子模様が据えられ、活力に満ちたアカンサスのカーヴィングとともに、類稀な完成度を誇ります。

脚は細めのカブリオレ・レッグ。少し上を向いた爪先はcabrioler(跳ね回る)の名の通り、弾むように軽快な佇まいです。

 

座のファブリックは上品な若草色。しっかりと織られた上質な張地の中央には彩り豊かなブーケが描かれ、その周囲をリーフと蕾が華やかに舞っています。背景には細かな格子模様が沈み、背の装飾とのつながりを意識させます。艶めくダークマホガニーとのコントラストが美しい逸品です。

それらの優雅なサロンチェアは、お城のパーラーや上流階級のドローイングルームなど、華麗な空間を演出するためには欠かせない存在でした。

    Drawing room in  Winter Palece by Hau Edward Petrovich(1807-c.1888)

 

繊細なフレームでありながら、弾力のあるゆったりとした座り心地です。

 

心と空間を明るく彩るサロンチェア。

 

日々、美しさ溢れる芸術作品を眺める悦びをご堪能ください。

 

おすすめ商品

おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品