HOME > その他家具 > ホイールバック ミニチュア ウィンザーチェア

ホイールバック ミニチュア ウィンザーチェア

品名 ホイールバック ミニチュア ウィンザーチェア
品番 1178-093
材質 エルム材
Age 1930年代
Country 英国
32.5cm
奥行き 29cm
高さ 60.5cm
在庫数 1
価格 88,000円+税
備考 座面までの高さ:29cm

商品説明

英国伝統のチェアが小さな世界を広げる、ホイールバックミニチュアウィンザーチェア。

 

ミニチュア家具の製作には通常以上に手間のかかることが多く、それらは一種の嗜好品として高価なものでした。このチェアも非常に巧みにつくられており、裕福な家庭の子供部屋で使われていたことが伺えます。小さな逸品は、きっと貴方のお部屋も心も豊かに満たしてくれることでしょう。愛され続けるウィンザーチェアの歴史を辿ります。

 

Kinderstube by Fritz von Uhde(1848-1911, German)

 

ウィンザーチェアは18世紀頃からハイ・ウィカムという街でつくられていました。ロンドンへの輸送にテムズ川を利用していたため、「ウィンザー方面から来る椅子」という意味でそう呼ばれるようになったといいます。ハイ・ウィカムは昔からブナの森があり、豊かな木材で車輪や挽き物がつくられていました。ボジャー/Bodgerと呼ばれる彼らは森に住み、新鮮なグリーンウッドを使ってチェアをつくったといいます。まだ柔らかい木材を削り曲げて組み合わせる、それらはすべて手作業で行われ、簡潔でありながらしっくりと体に馴染む滑らかなフォルムをつくり上げました。

 

   Photochrom of Windsor and Windsor Castle looking across the Thames, 1895

 

この小さなチェアは伝統のウィンザーチェアを精巧に再現しています。背は蒸気を利用して弓なりにカーヴさせたボウバックスタイル。スプラットは車輪をモチーフにしたホイールの透かし彫りで、名前の由来でもあります。座面の杢目はミニチュアであることを忘れるほど使い込まれたような風合いが趣深く現れ、小さなターンドレッグにはターナー(挽き物職人)の匠の技が凝縮されています。

 

小さなチェアのため、テディベアやビスクドールのチェアとしておすすめです。

 

微笑みこぼれるミニチュアチェアを是非お愉しみください。

 

 

ハイ・ウェイカムの街についてスタッフブログでご紹介しております。こちらからどうぞ。

おすすめ商品

おすすめ商品