HOME > ミラー > ヴォクトリアンブラックフォレストスタイルカーヴィングミラー

ヴォクトリアンブラックフォレストスタイルカーヴィングミラー

売約済

品名 ヴォクトリアンブラックフォレストスタイルカーヴィングミラー
品番 8118-109
材質 オーク材
Age 1875年頃
Country 英国
51.5cm
奥行き 13.5cm
高さ 67cm

商品説明

 

スイスのベルン周辺では18世紀から木彫工芸が盛んでした。
1870年頃にはその辺りの職人が、熊や鳥など森の動物を彫刻した家具や小物、鳩時計を旅行者向けに製作しとても評判となり、
そのような木彫細工は「ブラックフォレスト(黒い森)」とよばれるようになります。
実際の「黒い森」はドイツのバイエルン州(旧バイエルン王国)に位置していますが、「ブラックフォレスト」というネーミングと、その動き出しそうな野趣あふれるスタイルがまさに合致し、当時の流行となりました。
そして、既に交流が盛んにおこなわれていたヨーロッパ各国で類似品が作られるようになっていったといわれています。
このミラーはこぶりなオーバルシェイプのミラーを囲んで、3つのシェルフと凝ったカーヴィングが施されています。
製作はイングリッシュオークを用いて英国で制作されたと思われますが、
まるでそのまま飛び立ちそうな鳥、手に取れそうなドングリなどの立体感溢れる装飾スタイルはまさにブラックフォレストスタイル。
ミラーの左右にひとつづつ、そして正面につとつ、計三つある半円形のシェルフには、なにか小さなものを飾ることも可能。
お部屋に掛ければ、森の清浄な空気を運んできてくれそうな、そんなアンティーク・ミラーです。

スイスのベルン周辺では18世紀から木彫工芸が盛んでした。

1870年頃にはその辺りの職人が、熊や鳥など森の動物を彫刻した家具や小物、鳩時計を旅行者向けに製作しとても評判となり、そのような木彫細工は「ブラックフォレスト(黒い森)」とよばれるようになります。

実際の「黒い森」はドイツのバイエルン州(旧バイエルン王国)に位置していますが、「ブラックフォレスト」というネーミングと、その動き出しそうな野趣あふれるスタイルがまさに合致し、当時の流行となりました。

そして、既に交流が盛んにおこなわれていたヨーロッパ各国で類似品が作られるようになっていったといわれています。

 

 

このミラーはこぶりなオーバルシェイプのミラーを囲んで、3つのシェルフと凝ったカーヴィングが施されています。製作はイングリッシュオークを用いて英国で制作されたと思われますが、まるでそのまま飛び立ちそうな鳥、手に取れそうなドングリなどの立体感溢れる装飾スタイルはまさにブラックフォレストスタイル。

 

ミラーの左右にひとつづつ、そして正面につとつ、計三つある半円形のシェルフには、なにか小さなものを飾ることも可能。

 

 

お部屋に掛ければ、森の清浄な空気を運んできてくれそうな、そんなアンティーク・ミラーです。