HOME > キャビネット/ショーケース > ヴィクトリアン ミュージックキャビネット

ヴィクトリアン ミュージックキャビネット

-NEW-

品名 ヴィクトリアン ミュージックキャビネット
品番 9165-055
材質 マホガニー材
Age 1890年代
Country 英国
62cm
奥行き 43cm
高さ 170.5cm
在庫数 1
価格 688,000円+税
備考 天板までの高さ:111cm

商品説明

クラシカルなダークマホガニーの艶と繊細なカーヴィングが優雅な調べを奏でる、ヴィクトリアンミュージックキャビネット。

 

ミュージックキャビネットとは、おもに楽譜を仕舞うためにつくられた家具のこと。オープン棚タイプや抽斗タイプ、部分的にディスプレイ部分がついたものなどいろいろなバリエーションがありますが、どれもこぶりで、クオリティの高いことがミュージックキャビネットの特徴。ヴィクトリア時代、上流階級のサロンやパーラーでは必ずと言っていいほどピアノがあったため、それに付属するミュージックキャビネットはゲストの鑑賞に堪えうるクオリティを持つ必要があったのです。

 

Lezione di pianoforte by Vito D'Ancona (1825-1884)

 

このキャビネットはそのクオリティを十分過ぎるほど満たした逸品。サイドはガラス、背もミラーであることから、楽譜の収納だけでなくディスプレイキャビネットとしても使われていたと思われます。

秀逸なフォルムのミラーがダークマホガニーの上品な艶を映し出し、ペディメントは凝ったカーヴィングながら精巧な透かし彫りで軽やかな仕上がりです。ギリシャ神話で芸術の神アポローンが弾くとされる古楽器リラとルネッサンス期の木管楽器ショームと思われる意匠が施された様子からは優雅な音色が流れてくるようです。

さらにキャビネットのグレイズドドアは、曲線を駆使したリーフの飾りで支えられ、中は3枚別のミラーを据えそれぞれを面取りするという手の入れよう。最高を目指す作り手がこだわり抜いたデザインは、どの角度からでも幾重にも重なる奥行きのある世界を見せてくれます。また、カブリオレ・レッグのアカンサスや貝のモチーフからは優美なロココの雰囲気が漂い、小さめの細工が愛らしく可憐な印象を添えています。

 

Music Salon in Birr Castle

 

ミラーの手前には小さな天板が備えてあります。そのステージにお気に入りの小物をディスプレイすれば、それらが映り込んだミラーの中の世界も愉しむことができます。

 

上質のミュージックキャビネットが華麗な旋律響くヴィクトリアンのサロンを演出します。

 

 

ベネチアンミラーについてスタッフブログでも詳細をご紹介しております。こちらからご覧下さい。

英国の音楽についてスタッフブログでも詳細をご紹介しております。こちらからご覧下さい。

 

 

おすすめ商品

おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品