HOME > ブックケース > チッペンデールスタイルオープンブックケース

チッペンデールスタイルオープンブックケース

品名 チッペンデールスタイルオープンブックケース
品番 9151-030
材質 マホガニー材
Age 1900年代
Country 英国
134cm
奥行き 41cm
高さ 89cm
在庫数 1
価格 485,000円+税

商品説明

ダークマホガニーの古艶と、伝統のチッペンデール・スタイルが存在感溢れるオープンブックケース。

 

ダークマホガニーの古艶と、伝統のチッペンデールスタイルが存在感あふれるオープンブックケース。
本が貴重だった時代、多くのブックケース(本棚)はガラス扉がついたものでした。
ただ、やはり実務の上では扉のないものも必要とされ、
紳士のプライベートルームやライブラリーで重宝されていたと思われます。
チッペンデール・スタイルとは、
ロココ、シノワズリ、ゴシックリバイバルなどを巧みに取り入れた
18世紀の傑出した家具デザイナー、トーマス・チッペンデールがまとめたスタイルのこと。
天板周囲のパルメット(棕櫚の葉が元といわれる文様)のレリーフ、センターのシェルフを挟んで
L型に縁取られたリーフパターン。そしてライオンの脚など、伝統と格式、そして当時目新しかった異国のテイストが
巧みに組み合わされた様は、まさにチッペンデールの好んだ手法といえるでしょう。
足元は百獣の王ライオンを模した「lion Paw feet」。
18世紀から英国で愛されてきた意匠です。
当時富裕層がこぞってでかけたグランド・ツアー(世界旅行)の影響もあり、
珍しい異国の強い獣への興味と畏敬の念がみてとれるようです。
横幅は134cmとやや広めですが、奥行きは41cmと浅く、それほどかさばらずに置くことが出来ます。
天板の上や上部の壁は、絶好のディスプレイ・スペース。ミラーやアートワークなどで、お好みの空間を演出できます。
書斎を始め、リビングやダイニングルームにもおすすめできる、格調高い英国アンティークの逸品です。ダークマホガニーの古艶と、伝統のチッペンデールスタイルが存在感あふれるオープンブックケース。

本が貴重だった時代、多くのブックケース(本棚)はガラス扉がついたものでした。ただ、やはり実務の上では扉のないものも必要とされ、紳士のプライベートルームやライブラリーで重宝されていたと思われます。

チッペンデール・スタイルとは、ロココ、シノワズリ、ゴシックリバイバルなどを巧みに取り入れた18世紀の傑出した家具デザイナー、トーマス・チッペンデールがまとめたスタイルのこと。天板周囲のパルメット(棕櫚の葉が元といわれる文様)のレリーフ、センターのシェルフを挟んでL型に縁取られたリーフパターン。そしてライオンの脚など、伝統と格式、そして当時目新しかった異国のテイストが巧みに組み合わされた様は、まさにチッペンデールの好んだ手法といえるでしょう。

 

足元は百獣の王ライオンを模した「lion Paw feet」。18世紀から英国で愛されてきた意匠です。当時富裕層がこぞってでかけたグランド・ツアー(世界旅行)の影響もあり、珍しい異国の強い獣への興味と畏敬の念がみてとれるようです。

グランド・ツアー

 

横幅は134cmとやや広めですが、奥行きは41cmと浅く、それほどかさばらずに置くことが出来ます。天板の上や上部の壁は、絶好のディスプレイ・スペース。ミラーやアートワークなどで、お好みの空間を演出できます。

 

書斎を始め、リビングやダイニングルームのサイドボード代わりにもおすすめできる、格調高い英国アンティークの逸品です。

おすすめ商品

おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品